chinesekyousitsuchinesekyousitsu のすべての投稿

佐川男子の好みのカラコン

評判どおりの佐川男子
先日、宅急便が届いた。珍しく佐川急便だった。

少し前に、佐川男子が乗っている雑誌があると、友達が騒いでいた。
そういえば、マツコ・デラックスも佐川男子はイケメンが多いような事を言っていた気がする。
そんな事を考えながら、玄関の扉を開けると、噂を否定しない容姿の佐川男子が立っていた。
この辺りは、ちょっと年配の配達員が多い。
そんな中、ダントツで若くてイケメンだった。
よく来てくれる配達員の方々もすごく感じがいいので、いつも気持ちよく荷物を受け取っているのだが、若くてイケメンで、そして、感じがよければ、勝敗は明らかだと思う。

結婚して10年もたてば、旦那にはときめかなくなっている主婦がほとんどだろう。
そんな主婦は、まだまだときめきを求め、浮気にはしるか、そこまでの踏ん切りはつかず、目の保養を探すかだ。
佐川急便…なかなか、目のつけどころがいい。

そんな佐川男子が好みのカラコンは、ピュアナチュラルフレアのようなちょいナチュラル系らしい。

スターバックスでコンタクトを注文するノマドな生活

スターバックスでの過ごし方
日本でもよく行っていたスターバックス、ここでもよく行ってます。
ショッピングモールの中には必ずといっていいほどあるので、いろんなスタバを楽しめてます。
特にやることのない専業主婦なので、毎日のように通っていますが、何をしているかというと。
読書。
アマゾンの電子書籍リーダー、キンドルホワイトペーパーを持ってきているので、主にそれで読んでます。
日本で話題だったドラマ半沢直樹の原作だって、ちゃんと読みましたよ!
日記を書く。
ノートに手書きで書いてます。その日あったことというより、そのとき思っていることをだらだらと。
悲しいことにここでは日常的な話し相手が夫くらいしかいないので…たまった水を排水するように、自分の内側を出し切る場にしてます。
他にもiPhoneでネットサーフィンをしたり、語学の勉強をしたりしてますが、一番多いのは、何をするでもなくぼーっとすること。
最近は、送料無料のコンタクト激安通販を見つけて、小ロットでコンタクトを注文しています。
これもすべてスターバックスでやっています。

家にいると、時間に余裕があるとはいえ何かとやらなくちゃいけないことが目について落ち着かないので、意識的にのんびり過ごしてます。
家事を済ませてからスタバに行くのは、私の大切な日課の一つです。

海外のコンタクトレンズ事情

海外の日本製品はやっぱり高い!
日本を一歩出ると日本ブランドはすごく高い。
留学もしていた身として、それはちゃんとわかっていたつもりでした。

その代わり、海外のコンタクトレンズは日本よりも安いです。
実は日本のコンタクトレンズは輸入品がほとんどなので、海外のほうが安く買えることが多いらしいです。
私のよく使うワンデーアキュビューモイストも海外のほうが安いのでその点は経済的です。

でも、初めて日本ブランドのショップに入ったとき、思わず「え~!」と声をあげてしまいそうになりました。
ちなみに無印良品ですが、本当に、高かったんです…。
考えてみれば、留学時代はほとんど日本のものを買うことも、買う必要もなかったんです。
でも今は留学のように一時的でもないし、日本と変わらない快適な日常生活が求められているのです(夫に)。
遊びに来ているのでもなく、仕事としてたまたまこの国にいるだけですしね。
もちろん休日にはその国ならではのスポットにいったりもしますが、普段はあくまでも普通の日本人の普通の生活。
それが夫の仕事のパフォーマンスにも関わってくるので、普段の夕食も日本食を作っています。
だから生活用品も、必要であれば無印良品やダイソーで買うんですが、やっぱり高い。1.5倍くらいします。
次に帰国したときには、食品だけでなく、日用品も買わなくちゃなあ。

おいしくないお米の食べ方

なんだかタイトルからして哀愁が漂います。
お米がおいしくないことほど悲しいことはありません。
ましてや、異国の地で忙しく仕事に励み、日々の楽しみといえば晩ごはんくらい、といううちの夫にとってはなおさらです。
でも、ここは異国。日本ではない。
いつもおいしい日本のお米が食べられるわけではないのです。
普段買っているお米がしばらく入荷しなくなってしまい、慌てて代わりに他のお米を買ってみたら、おいしくないのなんの。
日本産でないのですから、当たり前です。かろうじてジャポニカ米ではあるものの、悲しくなるくらいぱさぱさ。
かと言って、捨てるわけにもいかないので、残りのお米の消費方法を考えました。
カレーライス、チャーハン、リゾット、雑炊。
ここらへんならなんとかいけそうです。
特にチーズリゾットはもはやチーズの味しかしないのでうってつけ。ぱさぱさ具合も逆にメリットといえるかも。
問題は、これらばかり食べるわけにはいかない、という点…。
おいしい白いお米、食べたいなぁ。

カレーの隠し味、あれこれ。

みんな大好きカレーライス。ルウを入れたあとに加える隠し味も、人それぞれで面白いですね。
私が知人に実際に聞いたことがある中では、チーズ、チョコレート、ヨーグルト、などなど。
いろんなものをちょっとずつ入れる、という友人がいて、私もそうしてます。
今日のカレーには、合わせ味噌、ウスターソース、はちみつ、山椒パウダーを入れました。
その日その日で味わいが変わってとても楽しいです。

夫も毎回どんな味になるのか楽しみにしてくれているよう。
最初に油をしくときににんにくをたっぷり入れたり、ローリエやトマトたっぷりで西洋風(?)にしたりすることも。
隠し味とはちょっと違いますが、きのこ入りのカレーもいいですね。

干ししいたけを入れるとうまみがかなりアップしますし、マッシュルームをまるのままごろごろさせても、食べるとき幸せな気持ちになれます。
夏野菜カレーもおいしいけど、全部くたくたになっちゃうんですよね。
私は具がしっかりしてるほうが好きなので、王道のにんじん、玉ねぎ、じゃがいも+そのときにあるお肉、がいいなあ。

今はなき、本物の肝だめし

小学生の頃、「子ども会」に入っていた人は多いと思う。
現在は、子ども会なんてなかったり、あっても入らない人が多かったりする。
私達が子どもの頃は、ほぼ全員が入っていた。
入るのが当たり前の時代だった。
その子ども会で行われる行事は、お祭りだったり、イチゴ狩りだったり、遊園地へ行ったり…と楽しい事が多いのだが、1つだけ恐怖に感じるものがあった。
それが「肝だめし」だ。

私の住んでいた場所は、結構な田舎だった。
住宅地の中にはお店や公園もなく、遊び場は、山や道路や空き地だった。
そして、少し上にはお墓があった。
そのお墓に、2人1組で行って帰ってくるのが肝だめしだった。
誰が考えたのか、小学生の子供に本物の怖さを教える、本物の肝だめしだ。

出発してすぐに、糸でぶら下げられたこんにゃくが飛んでくる。
暗いので、その時はこんにゃくだなんて冷静な判断なんて出来ない。
その後も、いくつかの仕掛けがあり、お墓の中に置いてある名簿の、自分の名前に丸をつけて帰ってくればクリアだ。
今はなき、本物の肝だめし…二度とやりたくはない。

化粧と脱毛にかける時間について

化粧に掛かる時間って。
お出かけに合わせて化粧をするわよね。
私は、あまり気をつかわないと言われるけど。
本人頑張って変えてるつもりなんだけどね。
なんか。同じなんだよね。
私でも、一応場所にあわせるように意識は
しているつもりなんだけどさ。
昔は、綺麗に見せる為にしていた化粧が、
最近では、汚いものを隠す為に時間をかけているような。
気のせいだと思いたい。
仕事に行く時は、濃い目よ。シミかくしが大事で。
私の仕事は、パートのレジなの。
昔は、アパレル関係に勤めていたのよ。
下着のセールスや、今も言うかしら?
ハウスマヌカンって?
私、ハウスマヌカンしてたのよ。
わからない若者たちよ、ごめんなさい。
おしゃれしたわよ。
ブルーのシャドウをバッチリ塗っちゃって。
それからね、口紅も真っ赤だったの。
唇のラインもしっっかりよ。
今みたら、どんなおばはんよ~って感じね。
若い時の話なんだけどさ。
でも、あの時代はには、違和感感じなかったわ。
いけてたのかしら。鈍感だったのかしら。

脱毛についても処理するのに結構時間かかりますよね。
こちらで紹介されているおすすめ脱毛サロンなら値段も安めで自分で処理するよりもラクですよ。